「カジノ産業」と「観光産業」の関係について

現在、多くの観光客を呼び寄せるために、国内や国境地帯などの様々なエリアに大規模なカジノを建設している国が増えています。というのも、観光客が増加すれば、儲かるだけでなく、知名度が上がり、潜在的な投資家も増えるため、経済にとって確実に有益となるからです。「観光」という観点で見ても、世界的に超大規模なゲーミング分野は、最も人気の分野のひとつです。そのため、カジノ観光の人気は近年高まっています。

カジノと観光の関連を示す証拠あり

アメリカ、マカオ、オーストラリアなどの世界最大級のカジノを見てみるだけで、カジノが各国の観光をいかに促進しているのかがわかります。例えば、ネバダ州ラスベガスだけでも、2016年には4000万人以上の観光客が訪れています。楽しい時間を過ごしながら、たくさん稼げる場所といえば、やはりラスベガスなるので、これは驚くべきことではありません。観光客は、観光スポットだけでなく、素晴らしい夜景にも魅了されますが、ラスベガスのギャンブル体験と雰囲気こそが、人々を惹きつけてやまない理由となっています。

中国領のマカオは、世界最大級のギャンブルのメッカへと変貌を遂げ、ラスベガスの強力なライバルとなっています。マカオのゲーミング業界は、2010年にはラスベガスを上回るギャンブル客が訪れたほどの規模に成長しました。マカオは、ラスベガスと同様、専用のゲーミングルームや素晴らしい設備などのゴールドメンバー向けの特典をはじめとする、高額消費者向けのVIPサービスの提供に注力してきました。その結果、2013年には富裕層の観光客が多く訪れ、その年のカジノ全体の収益の66%をハイローラが占める結果となりました。もちろん、習近平政権による2014年の反腐敗運動により、この劇的な成長には歯止めがかかってしまいましたが、マカオがその状況を最終的に安定させることができたのは、ハイローラーだけでなく、一般客もターゲットにしたからです。

マカオのカジノがその地位を保てたとはいえ、多くの中国人ギャンブラーは不満を抱いたままとなり、その結果、彼らはオーストラリアへと移りました。国による巨大カジノの建設により、約100万人の中国人ギャンブラーがオーストラリアへと移住したのです。実際、オーストラリアのカジノは、ラスベガスやマカオに匹敵する最も人気の観光スポットのひとつとなっており、近年には1000万人の観光客が訪れています。

カジノによって観光客が増加したのは、こうした大国だけではありません。シンガポールやフィリピン、モナコ、コロンビアなどのより小さな国々もまた、カジノでのギャンブルを目的とした観光客から莫大な利益を獲得するようになりました。これらの国々におけるゲーミング分野の拡大が示唆することからも、カジノが観光に与える影響を見てとることができます。

以上の通り、カジノは観光業の促進に役立ちますが、カジノのみが国の観光の発展に寄与するものであってはなりません。カジノの存在は、その他の観光スポットに加えて、観光客にまた来たいと思わせる理由のひとつとなるべきなのです。