森脇地区(村岡区森脇)

〒667-1341 兵庫県美方郡香美町村岡区森脇

森脇神社

但馬1市18町の町木庭園

森脇の小滝

森脇・児童公園

森脇・圃場整備記念

森脇橋

森脇・山の神

森脇・稲荷神社

森脇の概要

森脇見聞録

村岡の伝説・兎塚の由来

昔、森脇村の大森の池に大蛇が住んでいて、人を呑むので、住民が困っておりました。これを聞いた帝が勅命をだして、日下部政高という人に、大蛇を退治するように命じました。政高が大蛇退治にくると、兎伏野に住む三羽の古兎が妨害しましたので、まずこの三羽の古兎を退治してから、大蛇を退治しました。
その後、この時に殺された兎が化けて出て、住民を困らせましたので、兎の霊を鎮めるために、一羽は下中山に、一羽は川端に、一羽は八井谷に塚を建てて祀りました。この頃から、この地方を兎塚と呼ぶようになったといわれております。
村岡の民話 p.3より)

森脇の字名・通名

森脇の人口

世帯 人口 備考
明治24年 17 男39・女36  
大正元年 18 91  
昭和30年 15 99  
昭和50年 13 66  
平成24年      

森脇の歴史

参考

森脇区

 

隣接地区

森脇の文化

年間行事

日付 行事名 場所
     
     

地理・アクセス

国道9号線からは、兎和野高原口信号より入り、左側に見えてくる村が森脇です。

道路

谷川