ほたるのある風景

ホタルを見よう

村岡は、水がきれいな土地でして、ホタルの生息に向いています。地元の至るところでは、特別な場所へ行かずとも、ホタルの見られる場所がいくつもあります。

兵庫で全種類が見られる土地

全国的にも、光るホタルは、3種類ございまして、ゲンジホタル、ヘイケホタル、ヒメホタルです。我が村岡にも生息しております。加えて、他、10種類のホタルが生息する、兵庫でも大変珍しい土地です。ハチ北周辺スポットを筆頭に、川沿いや水路のそばで、ホタルの優しく光る様子をご覧頂けます。

ホタルに出会える場所

香美町村岡区以外では、養父市の奥米地「ほたるの里」が、6月中旬~下旬に渡って、見頃ですけれども、我が村岡の見頃は、もう少し遅い印象です。養父市の標高とは、約100メートル違いますから、気温の差もあり、季節感が少し、後ろへずれ込みます。

ご協力に感謝致します

ホタル観賞に至っては、皆さんの譲り合いと優しさで成り立っております。ホタルはデリケートな生きものですから、大切に守って行きたいと思います。また、地域の方へ迷惑とならないよう、駐車場所や、ゴミの持ち帰りなどにご協力頂けますと助かります。

地域の方には、大変お世話になっております。まだまだ、情報が少なく、随時、ホタルの居場所や見頃について、教えて下さると助かります。香美町、特に村岡区の観光にご理解を頂き、ありがとうございます。

村岡のホタル・スポット

小さな川のほとり、農業用水の流れているところは、ホタルが見つかりやすいでしょう。

ハチ北のホタル・スポット

今年は、7/10~が見頃でしょう。ハチ北では、7/14に、ホタル鑑賞会を開催致します。ハチ北観光協会へ申し込んでください。

ゲンジホタルは、ふもとの集落付近に見られ、ヘイケホタルは、棚田と大池や先大池とっいた湿原に見られます。ヒメボタルは、先大池付近、昇竜の滝、よく茂った林に見られます。

また、昼間に活動するホタルは、大池~先大池、昇竜の滝周辺、グリーンパークハチ北・キャンプ場周辺で多くの種類が見られます。スジグロボタルは、大池、先大池にだけ見られます。

周辺の宿をやっているスタッフは、多くの人がホタルのいる場所を知っています。

ホタルの種類

ゲンジホタル

人々にもっとも親しまれているホタルで、一般にホタルと言えば、ゲンジホタルのことを指します。体長15~20mmで、他の種に比べて、2倍以上の大きさがあります。手に取れば、見間違える人は少ないです。

ヘイケホタル

体長10前後で、ゲンジホタルよりも、ずっと小型です。背中のまん中、赤いところには、太い黒帯があります。流れのゆるやかな小川で、ゲンジホタルと同時に見られます。ゲンジホタルよりも、体が小さく、光も弱いので、注意しないと見逃してしまいます。

ヒメホタル

体長6~10mmで、ヘイケホタルよりも、さらに小型です。胸部のまん中、赤いところに、逆三角形の黒い模様があります。真っ暗な森の中で、無数のヒメボタルが輝く様子は、息を飲むほどの美しさです。ヒメボタルのメスは退化している部分があり、飛ぶことができません。また、交尾をすると、光らなくなるので、なかなか見つけることが難しいです。

ホタル豆知識

ホタルはなぜ光るの?

昼に活動する、成虫は光りませんが、幼虫やさなぎはよく光ります。ホタルは、体の中に毒を持っていて、食べたらまずいよーと教えているのです。夜に活動するホタルは、なかまどうしの交配に、光を使います。

ホタルは何を食べるの?

成虫のホタルは、水を飲むだけです。幼虫は、すべて肉食です。種類によっては、貝を食べるもの、ミミズを食べるものなどがあります。

ホタルの寿命は?

成虫になったホタルは、1~3週間ほどの寿命です。成虫になるまで、1~2年かかります。

ホタルは何種類あるの?

ホタルは、熱低に多い昆虫で、世界中では、2,000種類いるとも言われています。日本では、約50種類がいます。兵庫県では、10種類のホタルがすんでいて、すべて、ハチ北高原で見ることができます。

ホタルのすむ環境は?

ゲンジホタルとヘイケホタルは、幼虫が水の中にすんでいるため、川や田んぼで見られます。スジグロボタルは、湿原にだけ見られます。他のホタルは、林の中や緑にいます。ヒメホタルは、とくに、自然が豊かな森林に多く見られます。

ホタルマンスリー・ホタル祭り

ハチ北では、大笹地区内に、ホタルをみんなで見に行く、ホタル祭りを毎年開催しています。宿の宿泊客へ案内するようになったのが始まりで、大笹のとっておき、ホタルスポットへご案内しています。今年は、看板が完成し、スポット周辺の案内が強化されています。ホタルを見た後は、ハチ北の宿でごゆっくりとおくつろぎください。

出典