村岡の野生動物・むらおかアニマルショー

むらおかアニマルショー | 田舎道で運試し、もしかしたら会えるかも

村岡は、集落のそばまで、山々がひしめき合っており、夜になれば、「やまのもの」が出てきます。シカの鳴く声が聞こえたりすることはもちろん、珍しいところでは、猿やうさぎ、たぬき、きつねといった、動物にも出会えるかもしれません。さすが、昼間から、国道に動物が飛び出ることは少なくなりましたが、全くいないわけでもなく、道路を自動車で運転されるときには、十分にご注意ください。

さて、普段は、畑を荒らす野生動物たちも、たまに見かければ、大変珍しいと、話題になります。村岡という地域は、山々の中に囲まれているので、人間が暮らす中に動物があるのではなく、山々と動物の中に、人間が住まわせてもらう、というような構造も成り立つというものです。さながら、むらおか大自然動物園の中に、人間も住んでいるようなものかと、冗談を言いたくなります。

村岡で見られる野生動物をご紹介してみたいと思います。普段は、滅多と見ることのない動物たちですが、田舎に住まう人々にとって、ちょくちょく見かけては話題になります。あなたも見ることができれば、運が良いと言えるでしょう。

※「やまのもの」は、山に住まう動物たちのことを指しており、「やまのものがでるぞ」など、方言として用います。

ご注意

むらおかに生息する野生動物たち

動物のある風景

野生動物に出会うためには

さすがに、クマは危険ですから、無理に会いに行きたいと思う人は少ないでしょうが、キツネやタヌキ、ウサギあたりは、かわいいイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。徒歩では危険ですから、自動車でドライブがてら、林道などを行くと、会える機会は増えます。本物の動物園じゃございませんので、会えなくても悪しからず。運試しのようなものであります。

畑を荒らす常習犯

たくさんの野生動物が生息していますが、シカ、イノシシ、サル、カラスなどは、せっかく作った農作物を荒らす、常習犯としても知られています。畑では、電柵と呼ばれる、柵を設置することが多くあります。電線が張り巡らされており、触れると、ビリビリっと、感電するようになっています。